妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由|マンガ第1話無料ネタバレ

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

人妻モノのエロ漫画で大人気の

水無月三日先生

ですが、ついに新作が登場しました!!

 

その名も

 

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

です☆

無料試し読みはこちら

 

  • 一体風俗嬢にした妻に何があったのか!?
  • なぜ妻を風俗嬢にしてしまったのか!?

 

などなどすでに色々と気になってしまっております(笑)

 

そこで登場と同時に4話まで買ってしまったので、

早速作品の内容を紹介していきます♪

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由|あらすじ

大学を中退してニートを満喫している宏樹。

 

数日前に父親の弟(叔父)から呼び出しがあり、

妻の不倫調査を頼まれることに。

 

話を聞いてみるとどうやら

 

  • ここ1ヶ月ほど帰りが遅い
  • うなじや胸元にキスマークのようなものがある

 

などでかなり心配している様子。

※どうやら叔父は以前から嫉妬深い性格ではあったそう

 

宏樹と叔父の妻は少年時代仲が良かったため、

調査役として抜擢されたとのこと。

 

とにかく叔父から必死に依頼をされたので

やむを得ず不倫調査を受けた宏樹。

 

さっそく叔父の妻(叔母)の跡をつけることに。

 

夕暮れに尾行を開始したら叔母はビルに入っていく。

 

そして至って普通のキャバクラ店に入っていく叔母を見て、

 

「なーんだ、キャバクラでバイトしてたのかよ」
「そこの客と不倫してるとかか?」

 

と予測を立てる宏樹。

 

からかい半分で叔母が入っていたお店に入り、

ミルクという源氏名を使う叔母を指名する。

 

「御新規1名様入りまぁす!!!」

 

と元気な黒服に店内を案内されるが、

ある異変に気づく。

 

「なんかここ、、、暗すぎないか?」

 

じーっと店内を見渡してみると

完全個室制のセクキャバだったのだ。

 

セクシーなバニーガール姿をした女

ギリギリのプレイを楽しめるセクキャバ。

 

中にはおっぱい丸出しの女がいたり、

ディープキスを楽しむ客がいた。

 

そして宏樹が席で待っていると、

指名したミルク(叔母)がやって来た。

 

叔母は対して驚きもせず、

 

「あっ、、チェンジするー?」

「流石に親戚の叔母ちゃんなんて嫌だよねー」

 

と苦笑を浮かべる。

 

バニー姿でカラダの線がはっきり出ている叔母を見て、

宏樹は思わずお酒を注文する。

 

「いえ、、、生中もらえます?」

「あっ、、、うん」

「でもほんと無理しないでいいからねー」

 

そうしてなぜか妖艶で色気むんむんの叔母の横でビールを飲むことに

お酒が進むに連れて

叔母のカラダを舐め回すように見始める宏樹。

 

完全に勃起している宏樹のチ◯ポに気づき、

雰囲気を変えるかのように話を振る叔母。

 

「ヒロくんって大学1年生だっけ?」

「今は夏休み中かな?」

「違うよ〜」

「去年中退して今は糞ニート満喫中だよ〜ん」

 

と、宏樹はついに叔母に抱きついてしまう。

 

(叔父さん、、、ごめん、、、)

(もう我慢できない、、、)

 

そしてついに叔母のおっぱいに手を出し始める。

 

「こーら、やめなさい」

「今日は客として来たんです」

「他の子にしな?」

「若くて可愛い子たくさんいるから」

 

それでも自制は聞かなくありつつある宏樹は

叔母のカラダを撫でるように触り、

 

終いには

大きくなったチ◯ポを叔母の股で擦り始めてしまう。。

無料試し読みはこちら

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由|感想

まずタイトルから主人公の妻が風俗嬢になるかと思っていたのですが、

まさかの叔父の妻でビックリです☆(笑)

 

つまり実質人妻モノですね♪

 

ストーリーは簡潔でサクッと読めてしまうのですが、

 

  • 独特で魅惑的なタッチ(絵)や雰囲気
  • どこか狂気を感じさせる叔父の人物像

 

でかなり引き込まれてしまいました☆

 

いやーそれにしても

水無月三日先生が描く女性はエロい!(笑)

 

宏樹がお酒の力もあって

かなり大胆に叔母をいじり始めたので、

続きが気になります(笑)

無料試し読みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA